XEMarketsをご存知ですか?必読情報満載!

XEマーケットの入金方法

hgruere0手軽な入金手続き

XEマーケットでは初回預託金、取引ロット、レバレッジ、スプレッドなどに違いのある、3種類の口座アカウントから口座を選ぶことができます。まずはこの3つの口座の違いについて確認し、開設するアカウントを決めます。

一度XEマーケットへ口座を開設が済めば、次は入金手続きです。XEマーケットへの入金手続きは、1部を除き無料でおこなうことができ、預託金口座への入金額もリアルタイムで反映されるので安心です。

手続きの解説もわかりやすく、多彩な入金方法から選べるため、利便性と使いやすさはダントツです。

また、すべての入金方法は日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、スイス・フラン、豪ドル、ロシア・ルーブル、ポーランド・ズロチ、ハンガリー・フォリントといった多様な通貨に対応しています。

入金手順

まず最初にウェブサイトの「メンバーズエリア」にある「マイ・アカウント」へ進みアカウントへログインします。マイページにある「入金(デポジット)」を選び、入金方法を選びます。

XEマーケットへの入金方法は、クレジットカード、電子決済、電子送金、銀行からの電信送金から選べます。ここではもっとも取引の多い、クレジットカードでの入金方法をご説明します。

XEマーケットへの入金ができる日本のクレジットカードは、VISA、MasterCard、JCBです。海外の業者ではほぼ対応していないJCBも、XEマーケットでは問題なく使うことができるは魅力ですよね。クレジットカードの場合は、500円から入金が可能で、手数料はかかりません。入金が済むと預託金口座へリアルタイムで反映されます。

次に電子決済ですが、XEマーケットでは、ネッテラーとSkrill(マネーブッカーズ)の2つの電子決済に対応しています。電子決済についても最低入金額は500円から、手数料はかからず、口座への反映もリアルタイムです。

銀行を利用した電信送金についても最低入金額は500円以上です。ただし、銀行の電信送金については200ドル相当額以下の入金について、手数料が利用者様負担になります。また口座への反映がリアルタイムではなく、およそ2日~5営業日程度での反映になります。

XEマーケットでは他に、「マネーグラム」と「ウェスタンユニオン」の電信送金にも対応しています。この2者の場合は、最低入金額が10,000円から、取扱い手数料は利用者様負担、入金後口座への反映は24時間程度で完了します。この業者は、取引手数料無料のバイナリーオプションはやったことがあるけどFXはまだ、これから始めたい、というトレーダーや、バイナリーオプション 初心者にまでも人気のある業者です。